大切な家族のための手元供養手引書

分骨用骨壷のご案内

キービジュアル

コンパクトで置き場所に困らない、分骨用骨壺

コンパクトで置き場所に困らない、分骨用骨壺

自宅でコンパクトに保管、供養したい。または、いくつかに分骨したいなどの場合には、分骨用骨壺というものがあります。分骨は良くないと考える人もいらっしゃいますが、そんなことはありません。各宗派の師や弟子など分骨されている人は多くいらっしゃいますし、昔の偉人も色々な場所にお墓があったりします。また、最近では海や山への散骨などを希望される人も多く、全てを散骨してしまうと手元にご遺骨が残らないため、一部を分骨という形で、手元に置いたり、ご家族、ご兄弟、親類などで、ご遺骨を分けて保管、供養されたいといった要望もあり、分骨をされる人は増えています。どんな場合も「故人を供養したい」というお気持ちからです。これはとても大切なことです。ただ、人それぞれに考え方は異なりますので、分骨を考える場合は、ご家族などとよく話し合ってみてください。では分骨用の骨壺にはどんなものがあるのか。分骨用の骨壺には、掌に乗るくらいの小さなものから、少し大きめのものまで様々なサイズ、形のものがあります。全骨用骨壺と違って、お部屋のインテリアになるようなオシャレな骨壺が多いことが特徴です。見た目に美しく、部屋に置いておいても違和感のないデザインが好まれるようです。また、気軽に持ち運びのできる小袋や箱に入ったものもあります。他にも、ヌイグルミなどの人形の中にご遺骨を納められるようになったものや、フォトスタンドと一体型となったもの、もっとコンパクトにとスティック型のものなど、色々なものがあります。これらの場合、小さな容器にご遺骨を入れることになりますので、ご遺骨そのままの形ではなく、パウダー状に加工されることが多いです。骨壺の素材としては、陶器製のものから、木製、漆塗、石製、ガラス製、金属製、プラスチック製、など様々あります。料金も手ごろなものから、高価なものまで様々で、どのように保管、供養をするのかよく考えて選ぶのがいいでしょう。

人気の供養情報

  • 手元供養を行っているのはどのような人?
    手元供養を行っているのはどのような人? 「子供や伴侶など近しい人を亡くし、孤独や寂しさを感じていて、常に故人を身近に感じていたいと思っている人」や、「お墓の継承者がなく、無縁仏になるかもしれないので、永代供養合祀墓と組み合わせて」「お墓とは別に、手元にもおいて故人を偲びたいと思っている」など、様々な事情から手元供養を選ばれています。どんな形であっても故人への供養の気持ちが大切です。
  • 具体的な手元供養の方法
    具体的な手元供養の方法 手元供養は、大きく二つに分けることができます。自宅に置いて供養する方法と、常に身に着けて供養する方法です。どちらも、ご遺骨をそのまま保管するのか、もしくは加工するのかの二種類があります。自宅保管用の骨壺にご遺骨を納めて自宅に置く、もしくは、ペンダントタイプのアクセサリーにご遺骨を納めて身に着ける。などの方法があります。
  • シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺
    シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺 全骨用骨壺には、筒型になった「円柱型骨壺」、四角い形の「四角型骨壺」、壺の形をした「壺型骨壺」、丸い形の「円形骨壺」、他にもデザイン性の高い特殊な形のものまで様々あります。どのタイプの骨壺を選んでも、形によって容量が違ってきますので、買う前に必ず確認しましょう。7寸~8寸のものを買うと、全てのご遺骨を納めることができるでしょう。