大切な家族のための手元供養手引書

様々な骨壷のご紹介

キービジュアル

シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺

シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺

手元供養をされるときに、分骨などせずに全てのご遺骨を自宅で保存、供養される場合には、全骨用骨壺というものがあります。骨壺には、分骨用などの小さなものから、全骨用の大きなものまで、色々な大きさのものがあります。一般的に、2寸(7.5センチ×6.5センチ、容量250cc)のものから8寸(29センチ×25センチ、容量1400cc)までのサイズのものがあります。これは、「メーカー」や「形」などにより若干違いますのでご注意ください。では、どのサイズの骨壺を用意しておけばいいのか、火葬後のご遺骨というものは、「体型」や「性別」に関係なく、全てが用意された骨壺に納められるとは限りません。しかし、事前にどのくらいのご遺骨が残るのか、調べることもできません。このような場合は、7寸以上の大きさの骨壺をご用意されることをおすすめします。また、地域によっても好まれるものが違っており、東日本では、全てを納められる7寸以上の大きなものが、西日本では、各部位から少しずつ拾い納める4~5寸の大きさのものが、一般的に使われています。これは決まりごとではありませんので、自身の意思によって選ぶことができます。骨壺には様々な形や素材のものがあります。筒型になった「円柱型骨壺」、四角い形の「四角型骨壺」、壺の形をした「壺型骨壺」、丸い形の「円形骨壺」、他にもデザイン性の高い特殊な形のものまで様々です。素材としては、陶器製のものから、木製、石製、ガラス製、金属製、プラスチック、植物性バイオマスなどです。また、蓋の形も2種類あり、「並タイプ」と「切立タイプ」になります。「並タイプ」は蓋を本体に乗せただけの簡単なもので、蓋は固定されていませんので、簡単に開け閉めが可能です。「切立タイプ」は蓋と本体がしっかり固定されるもので、骨壷を倒したりしても中のご遺骨が出てしまうことはありません。どの骨壷を選んでも、形によって容量が違ってきますので、買う前に必ず確認しましょう。

人気の供養情報

  • 手元供養を行っているのはどのような人?
    手元供養を行っているのはどのような人? 「子供や伴侶など近しい人を亡くし、孤独や寂しさを感じていて、常に故人を身近に感じていたいと思っている人」や、「お墓の継承者がなく、無縁仏になるかもしれないので、永代供養合祀墓と組み合わせて」「お墓とは別に、手元にもおいて故人を偲びたいと思っている」など、様々な事情から手元供養を選ばれています。どんな形であっても故人への供養の気持ちが大切です。
  • 具体的な手元供養の方法
    具体的な手元供養の方法 手元供養は、大きく二つに分けることができます。自宅に置いて供養する方法と、常に身に着けて供養する方法です。どちらも、ご遺骨をそのまま保管するのか、もしくは加工するのかの二種類があります。自宅保管用の骨壺にご遺骨を納めて自宅に置く、もしくは、ペンダントタイプのアクセサリーにご遺骨を納めて身に着ける。などの方法があります。
  • シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺
    シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺 全骨用骨壺には、筒型になった「円柱型骨壺」、四角い形の「四角型骨壺」、壺の形をした「壺型骨壺」、丸い形の「円形骨壺」、他にもデザイン性の高い特殊な形のものまで様々あります。どのタイプの骨壺を選んでも、形によって容量が違ってきますので、買う前に必ず確認しましょう。7寸~8寸のものを買うと、全てのご遺骨を納めることができるでしょう。