大切な家族のための手元供養手引書

故人を身近に感じる遺骨アクセサリー

キービジュアル

いつでも身近に感じるために、遺骨アクセサリー

いつでも身近に感じるために、遺骨アクセサリー

故人をいつも身近に感じていたいという人のために、ご遺骨を常に身に着けられるアクセサリーでの手元供養の方法があります。なかなかお墓参りに行くことができない人や、故人と一緒に旅行などにいきたいと考えている人、自然葬をしたが一部を手元に残したい人、または、ペットとずっと一緒にいたいと思われているひとなどにおすすめの供養の方法となります。では、どんなものがあるのか、大きく2種類に分けられます。ご遺骨をそのまま身に着けるものと、ご遺骨を加工して身に着けるものです。ご遺骨をそのまま携帯できるロケットタイプのアクセサリーは、納骨ペンダントや遺骨ペンダントと呼ばれ、ペンダントタイプのものが主流となります。他にも、リングタイプ、ブローチタイプ、ブレスレットタイプなどもあります。これらのアクセサリーは、中にご遺骨を納められるようになっています。とても小さなものですので、ご遺骨は粉末状にして、少量のみとなります。素材としては、シルバー製、ステンレス製、ウッド素材、チタン製、ゴールド製、プラチナ製、パールなど、様々です。デザイン性も高く、オシャレなアクセサリーとして常に身に着けておけます。この他に、ご遺骨を加工することによってアクセサリーにする、加工型のアクセサリーといったものがあります。これは、ご遺骨を特殊な加工をすることによって合成ダイヤモンドを製作したり、ご遺骨を混ぜた陶器を製作したり、ガラスの中に封入したり、人造石を製作したりするものがあります。人造石は、色も形も様々に加工ができますので、ペンダントタイプだけでなく、ブレスレットやリング、ピアスやイヤリングなどにもしてもらえます。ご遺骨を加工する場合は、それなりの製作期間が必要となります。また、特殊な加工を施しますので、料金的に高額なものもあります。これらのアクセサリーは、ユニセックスのものなど、様々なデザインのものがありますので、老若男女どなたでも抵抗なく身に着けられるようになっています。

人気の供養情報

  • 手元供養を行っているのはどのような人?
    手元供養を行っているのはどのような人? 「子供や伴侶など近しい人を亡くし、孤独や寂しさを感じていて、常に故人を身近に感じていたいと思っている人」や、「お墓の継承者がなく、無縁仏になるかもしれないので、永代供養合祀墓と組み合わせて」「お墓とは別に、手元にもおいて故人を偲びたいと思っている」など、様々な事情から手元供養を選ばれています。どんな形であっても故人への供養の気持ちが大切です。
  • 具体的な手元供養の方法
    具体的な手元供養の方法 手元供養は、大きく二つに分けることができます。自宅に置いて供養する方法と、常に身に着けて供養する方法です。どちらも、ご遺骨をそのまま保管するのか、もしくは加工するのかの二種類があります。自宅保管用の骨壺にご遺骨を納めて自宅に置く、もしくは、ペンダントタイプのアクセサリーにご遺骨を納めて身に着ける。などの方法があります。
  • シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺
    シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺 全骨用骨壺には、筒型になった「円柱型骨壺」、四角い形の「四角型骨壺」、壺の形をした「壺型骨壺」、丸い形の「円形骨壺」、他にもデザイン性の高い特殊な形のものまで様々あります。どのタイプの骨壺を選んでも、形によって容量が違ってきますので、買う前に必ず確認しましょう。7寸~8寸のものを買うと、全てのご遺骨を納めることができるでしょう。