大切な家族のための手元供養手引書

供養形態の多様化

キービジュアル

多様化し続ける供養形態・考え方

多様化し続ける供養形態・考え方

「手元供養」に注目が集まっている背景に、時代と共に多様化している供養の形態や考え方などがあげられます。日本は、誰もが知っているように、核家族化や、少子化が急激に進んでいます。一生独身といった結婚しないシングルの男女も増えています。そんなことから、とくに少子化は深刻で、子供のいる夫婦であっても、一人っ子というところが多く、もしその子供が結婚したとしても一人っ子同士の結婚となり、どちらかの家は続いていくことができない可能性があるのです。もちろん、子供たちはお互いの2つの墓を守っていかなければならなくなります。一人っ子でなかったとしても、新しくお墓を建てたとして、やはりその後に、そのお墓を継いで行く人間が次第に減っていくことになるでしょう。最近では、ずっと同じ場所に住まうことも少なく、海外で生活する人や、転勤、引っ越しが多く住居が定まらない人もいます。若い人たちの宗教離れや、家制度の崩壊、高齢者の増加など、お墓を守っていくシステムがすでに成立しなくなっているのです。その上、近年の不況などにより、経済的にお墓を建てられない人や、高齢化が進んだことでお墓にと考えていた費用を生活費や医療費などへとあてる人も少なくありません。また「終活」ブームなどの影響で、自分らしくこんな風にしてもらいたいといった要望や、子供に迷惑をかけたくないので、といったように、考え方も自由になり、従来の形にとらわれない人が増えています。そんな反面、人と人との繋がりが希薄になりがちな現代において、家族との絆は大切なものです。それは、生きているときだけでなく、大切な人が死んでからも心のよりどころとなることでしょう。そういった意味で、まったく何もかもを止めてしまうのではなく、これからの自分たちに合った形の供養を考えている人が多くいると考えられます。そのため、散骨や樹木葬、そして手元供養など、こういった供養の形態が、注目され始めているのでしょう。

人気の供養情報

  • 手元供養を行っているのはどのような人?
    手元供養を行っているのはどのような人? 「子供や伴侶など近しい人を亡くし、孤独や寂しさを感じていて、常に故人を身近に感じていたいと思っている人」や、「お墓の継承者がなく、無縁仏になるかもしれないので、永代供養合祀墓と組み合わせて」「お墓とは別に、手元にもおいて故人を偲びたいと思っている」など、様々な事情から手元供養を選ばれています。どんな形であっても故人への供養の気持ちが大切です。
  • 具体的な手元供養の方法
    具体的な手元供養の方法 手元供養は、大きく二つに分けることができます。自宅に置いて供養する方法と、常に身に着けて供養する方法です。どちらも、ご遺骨をそのまま保管するのか、もしくは加工するのかの二種類があります。自宅保管用の骨壺にご遺骨を納めて自宅に置く、もしくは、ペンダントタイプのアクセサリーにご遺骨を納めて身に着ける。などの方法があります。
  • シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺
    シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺 全骨用骨壺には、筒型になった「円柱型骨壺」、四角い形の「四角型骨壺」、壺の形をした「壺型骨壺」、丸い形の「円形骨壺」、他にもデザイン性の高い特殊な形のものまで様々あります。どのタイプの骨壺を選んでも、形によって容量が違ってきますので、買う前に必ず確認しましょう。7寸~8寸のものを買うと、全てのご遺骨を納めることができるでしょう。