大切な家族のための手元供養手引書

今、注目される手元供養

キービジュアル

注目される手元供養

注目される手元供養

「手元供養」をご存じでしょうか?亡くなった方を供養する方法は、近年様々に変化しています。その中の一つとして、「手元供養」というものがあります。これは、新しい形の供養の方法で、亡くなった方のご遺骨やご遺品を身近(手元)において、日々供養するのが、手元供養です。昔からの考え方として、「亡くなられた方の遺骨はお墓へ納骨しなければならない」と思い込んでいる人が多いと思います。しかし、現在では、考え方や、ライフスタイルの多様化から、そういった考えにとらわれない人も増えています。実際に、遺骨は必ずお墓に納骨しなければならないという法律はありません。故人や遺族の自由な意思で、遺骨をどうするのか決めることができるのです。よく知られているものとしては、海や山への散骨や、樹木葬などがあります。そういったものの中に、「手元供養」というものがあるのです。まだ広く知られていませんが、近年は、この方法をとられる人が増えているようです。理由としては、「お墓が遠方にあって、なかなかお墓参りに行くことができない」「経済的な理由など様々な事情でお墓を建てることができない」「後々、お墓を継承する人間がいない」「子供や伴侶など近しい人を亡くし、孤独や寂しさを感じていて、常に故人を身近に感じていたい」など、人それぞれです。しかし、それらに共通するのは、故人を身近に感じ、日々供養をしたいという想いです。それはとても大切なことです。では、もし「手元供養」をしたいと思ったら、その方法は、大きく二つに分けることができます。ご遺骨を自宅に置いて供養する方法と、ご遺骨をアクセサリ―などとして常に身に着ける方法です。最近では、手元供養用として専用の骨壺や、ご遺骨をアクセサリーなどに加工する方法、など様々あります。大切な方のご遺骨です。どういったスタイルが自分に合っているのか、そして、信頼できる製品はどんなものなのか、よく調べて検討することが大切です。

人気の供養情報

  • 手元供養を行っているのはどのような人?
    手元供養を行っているのはどのような人? 「子供や伴侶など近しい人を亡くし、孤独や寂しさを感じていて、常に故人を身近に感じていたいと思っている人」や、「お墓の継承者がなく、無縁仏になるかもしれないので、永代供養合祀墓と組み合わせて」「お墓とは別に、手元にもおいて故人を偲びたいと思っている」など、様々な事情から手元供養を選ばれています。どんな形であっても故人への供養の気持ちが大切です。
  • 具体的な手元供養の方法
    具体的な手元供養の方法 手元供養は、大きく二つに分けることができます。自宅に置いて供養する方法と、常に身に着けて供養する方法です。どちらも、ご遺骨をそのまま保管するのか、もしくは加工するのかの二種類があります。自宅保管用の骨壺にご遺骨を納めて自宅に置く、もしくは、ペンダントタイプのアクセサリーにご遺骨を納めて身に着ける。などの方法があります。
  • シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺
    シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺 全骨用骨壺には、筒型になった「円柱型骨壺」、四角い形の「四角型骨壺」、壺の形をした「壺型骨壺」、丸い形の「円形骨壺」、他にもデザイン性の高い特殊な形のものまで様々あります。どのタイプの骨壺を選んでも、形によって容量が違ってきますので、買う前に必ず確認しましょう。7寸~8寸のものを買うと、全てのご遺骨を納めることができるでしょう。