大切な家族のための手元供養手引書

海洋散骨について

キービジュアル

海にお骨を納める、海洋散骨

海にお骨を納める、海洋散骨

散骨には、ご遺骨を粉末状にして海に撒く海洋散骨という方法もあります。これは、船または、ヘリコプターなどで、海岸から離れた沖合に行き、粉末状にしたご遺骨を海に撒くというものです。散骨は、法律上、節度をもって行えば問題はありませんので、個人で行うこともできますが、ご遺骨を粉末状にしなければいけないや、海岸ではなく沖に散骨しなければいけない、自然に還らない副葬品は撒かないなどの、一定のルールやマナーがあります。トラブルを避けるためにも、専門の業者などに任せるのがいいでしょう。さて、海への散骨方法ですが、業者などにより色々なプランが設定されています。タイプとしては大きく3つの種類があります。家族や親族だけで船を一隻、またはヘリコプターを一機チャーターして行う個人散骨。同時に複数のグループで一緒の船に乗り合わせて行う合同散骨。散骨業者へご遺骨を預けて専門スタッフに散骨してもらう代行散骨(委託散骨)などです。また、散骨する場所も、沖縄や外国の海など選ぶこともできます。どれも業者によってプラン内容や料金がことなりますので、情報収集などをして、自分たちの要望にマッチした、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。最近では、山や海だけでなく、宇宙へ散骨するといったものもあります。これは、アメリカで発射されるロケットにご遺骨を載せて宇宙に打ち上げるというものと、バルーン宇宙葬といって巨大バルーンに粉末状にしたご遺骨を入れ、大空に葬送するというものです。これらもまた、山林や原野などへの散骨と同様、一度散骨してしまったご遺骨は、もう戻ってはきません。後々、後悔のないように、よく考えて行ってください。もし、遺言などで、故人が強く希望していた場合など、手元供養と併用して、一部は手元に、また一部は散骨にと、分けることもできます。ご家族や親族などとよく話し合い、どういった方法がベストなのか考えてみてください。

人気の供養情報

  • 手元供養を行っているのはどのような人?
    手元供養を行っているのはどのような人? 「子供や伴侶など近しい人を亡くし、孤独や寂しさを感じていて、常に故人を身近に感じていたいと思っている人」や、「お墓の継承者がなく、無縁仏になるかもしれないので、永代供養合祀墓と組み合わせて」「お墓とは別に、手元にもおいて故人を偲びたいと思っている」など、様々な事情から手元供養を選ばれています。どんな形であっても故人への供養の気持ちが大切です。
  • 具体的な手元供養の方法
    具体的な手元供養の方法 手元供養は、大きく二つに分けることができます。自宅に置いて供養する方法と、常に身に着けて供養する方法です。どちらも、ご遺骨をそのまま保管するのか、もしくは加工するのかの二種類があります。自宅保管用の骨壺にご遺骨を納めて自宅に置く、もしくは、ペンダントタイプのアクセサリーにご遺骨を納めて身に着ける。などの方法があります。
  • シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺
    シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺 全骨用骨壺には、筒型になった「円柱型骨壺」、四角い形の「四角型骨壺」、壺の形をした「壺型骨壺」、丸い形の「円形骨壺」、他にもデザイン性の高い特殊な形のものまで様々あります。どのタイプの骨壺を選んでも、形によって容量が違ってきますので、買う前に必ず確認しましょう。7寸~8寸のものを買うと、全てのご遺骨を納めることができるでしょう。