大切な家族のための手元供養手引書

手元供養の具体的な方法

キービジュアル

具体的な手元供養の方法

具体的な手元供養の方法

手元供養の方法として、具体的にどんなものがあるのか、紹介しましょう。手元供養は、大きく二つに分けることができます。自宅に置いて供養する方法と、常に身に着けて供養する方法です。どちらも、ご遺骨をそのまま保管するのか、もしくは加工するのかの二種類があります。ではまず、自宅に置いて供養する方法ですが、市販されている骨壺にご遺骨を入れ、それを自宅に保管するというのが一般的です。自宅保管用の小さな骨壺が売られていますので、それを購入するのがいいでしょう。最近では手元供養をされる人が増えていますので、様々なデザインの骨壺が売られています。綺麗なガラス制のものや、焼き物、ステンレスでできたもの、また、個性的なオブジェの中にご遺骨を納めることができるものなどがあります。ご遺骨を加工して自宅に置く場合も、企業によって様々な工夫がされており、骨粉を混ぜて陶器にしたり、人工石にしたり、ガラスに混ぜて加工したりと、様々です。どちらの場合でも、部屋のインテリアなどに合せて選ぶのがいいでしょう。では次に、常に身に着けて供養する方法ですが、こちらは、市販されている専用のアクセサリーの中にご遺骨を納め持ち歩くという形になります。納骨ペンダントや、遺骨ペンダントなどと呼ばれています。他にも、ブレスレット状のものなどもあります。様々なデザインのものが売られていますので、気に入ったものを探してみてください。また、ご遺骨を加工して身に着ける場合ですと、よく知られているのがダイヤモンドに加工するというものです。これだと、ペンダントに限られず、指輪などに加工することもできます。他には、骨粉を混ぜた陶器や、人造石、パウダー状にしたご遺骨をガラスの中に封入してしまうなどしてつくられるアクセサリーがあります。とくに身に着けて供養する場合、アクセサリーの形が多いですが、男性でも身に着けられるようなユニセックスのデザインのものも多く売られています。

人気の供養情報

  • 手元供養を行っているのはどのような人?
    手元供養を行っているのはどのような人? 「子供や伴侶など近しい人を亡くし、孤独や寂しさを感じていて、常に故人を身近に感じていたいと思っている人」や、「お墓の継承者がなく、無縁仏になるかもしれないので、永代供養合祀墓と組み合わせて」「お墓とは別に、手元にもおいて故人を偲びたいと思っている」など、様々な事情から手元供養を選ばれています。どんな形であっても故人への供養の気持ちが大切です。
  • 具体的な手元供養の方法
    具体的な手元供養の方法 手元供養は、大きく二つに分けることができます。自宅に置いて供養する方法と、常に身に着けて供養する方法です。どちらも、ご遺骨をそのまま保管するのか、もしくは加工するのかの二種類があります。自宅保管用の骨壺にご遺骨を納めて自宅に置く、もしくは、ペンダントタイプのアクセサリーにご遺骨を納めて身に着ける。などの方法があります。
  • シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺
    シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺 全骨用骨壺には、筒型になった「円柱型骨壺」、四角い形の「四角型骨壺」、壺の形をした「壺型骨壺」、丸い形の「円形骨壺」、他にもデザイン性の高い特殊な形のものまで様々あります。どのタイプの骨壺を選んでも、形によって容量が違ってきますので、買う前に必ず確認しましょう。7寸~8寸のものを買うと、全てのご遺骨を納めることができるでしょう。