大切な家族のための手元供養手引書

手元供養の方法

キービジュアル

手元供養の仕方

「手元供養」をしたいと思ったら、その方法は、大きく二つに分けることができます。ご遺骨を自宅に置いて供養する方法と、ご遺骨をアクセサリ―などとして常に身に着ける方法です。最近では、手元供養用として専用の骨壺や、ご遺骨をアクセサリーなどに加工する方法、など様々あります。大切な方のご遺骨です。どういったスタイルが自分に合っているのか、そして、信頼できる製品はどんなものなのか、よく調べて検討することが大切です。

手元供養の仕方

手元供養の方法は、大きく二つに分けることができます。自宅に置いて供養する方法と、常に身に着けて供養する方法です。どちらも、ご遺骨をそのまま保管するのか、もしくは加工するのかの二種類があります。自宅に置いて供養する方法ですが、市販されている骨壺にご遺骨を入れ、それを自宅に保管するというのが一般的です。常に身に着けて供養する方法は、市販されている専用のアクセサリーの中にご遺骨を納め持ち歩くという形が主流です。納骨ペンダントや、遺骨ペンダントなどと呼ばれています。

納骨堂と聞くと、ご遺骨を埋葬するまでの一時的な保管場所と思っていらっしゃる人も多いと思いますが、最近では、お墓の代わりとして納骨堂を利用される人が増えています。納骨堂は、室内にあるため、天候にかかわらず快適にお参りができるや、立地がよく、交通機関が充実している、使用期間を選ぶことができ、その後は永代供養してもらえるので無縁墓になることがないなど、利点も多くあります。絶対にお墓を建てなければいけないと思い込まずに、こういったものを利用するのも選択肢の一つです。

最近は、山林や原野などへの散骨や、自然葬、樹木葬といった、お墓を持つことにこだわらない供養の方法を選ぶ人が増えています。背景には、核家族化や、少子化などの後継者不足や、子供や孫に負担をかけたくない、または、死後は自然に還りたいなどと考える人が増えているからと考えられます。日本の法律では、「散骨は節度を持って行われる限り問題はない」とされていますので、自分の死後を考えるうえで選択肢に加えてみてもいいでしょう。

散骨には、ご遺骨を粉末状にして海に撒く海洋散骨という方法もあります。これは、船または、ヘリコプターなどで、海岸から離れた沖合に行き、粉末状にしたご遺骨を海に撒くというものです。散骨は、法律上、節度をもって行えば問題はありませんので、個人で行うこともできますが、ご遺骨を粉末状にしなければいけないや、海岸ではなく沖に散骨しなければいけない、自然に還らない副葬品は撒かないなどの、一定のルールやマナーがあります。トラブルを避けるためにも、専門の業者などに任せるのがいいでしょう。

人気の供養情報

  • 手元供養を行っているのはどのような人?
    手元供養を行っているのはどのような人? 「子供や伴侶など近しい人を亡くし、孤独や寂しさを感じていて、常に故人を身近に感じていたいと思っている人」や、「お墓の継承者がなく、無縁仏になるかもしれないので、永代供養合祀墓と組み合わせて」「お墓とは別に、手元にもおいて故人を偲びたいと思っている」など、様々な事情から手元供養を選ばれています。どんな形であっても故人への供養の気持ちが大切です。
  • 具体的な手元供養の方法
    具体的な手元供養の方法 手元供養は、大きく二つに分けることができます。自宅に置いて供養する方法と、常に身に着けて供養する方法です。どちらも、ご遺骨をそのまま保管するのか、もしくは加工するのかの二種類があります。自宅保管用の骨壺にご遺骨を納めて自宅に置く、もしくは、ペンダントタイプのアクセサリーにご遺骨を納めて身に着ける。などの方法があります。
  • シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺
    シンプルな物から個性的な物まで、全骨用骨壺 全骨用骨壺には、筒型になった「円柱型骨壺」、四角い形の「四角型骨壺」、壺の形をした「壺型骨壺」、丸い形の「円形骨壺」、他にもデザイン性の高い特殊な形のものまで様々あります。どのタイプの骨壺を選んでも、形によって容量が違ってきますので、買う前に必ず確認しましょう。7寸~8寸のものを買うと、全てのご遺骨を納めることができるでしょう。